歯を抜いた後はどうするの?

歯を虫歯や歯槽膿漏で失うと心理的に落ち込みますね。もちろん機能的にも食べづらくなります。
しかもそのまま放っておくとかみ合わせや歯並びに影響したり残った歯に負担がかかってより全体的に悪くなってしまいます。
そこで我々歯科医の出番ですが、失った部分をまた噛めるように機能回復させなければなりません。これには三つの方法があります。
まず中間の歯が無くなった場合はブリッジと言って両サイドの歯を少しづつ削り、橋渡しする様につながった歯を作って固定する方法が可能です。
または取り外しのいわゆる入れ歯ですが、これは違和感は強いですがどの歯が何本無くてもできます。
そしてもう一つインプラントと言って、顎の骨に人工歯根を植えて歯を被せる方法があります。違和感もほとんど無く以前と同じように食べることができますが保険の適用外になります。
どの方法が良いかは症例やご自身の要望によっても違いますので、自分に合った最良の方法をよく相談して決めるようにして下さい。いずれにしても放っておかずきちんと治療することが大切です。

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ