歯の神経を抜くってどういうこと?

歯医者で歯の神経を抜いた経験がある方もいると思いますが、具体的にはなぜ、そしてどのように行うのか疑問に思っている方も多いでしょう。
まず虫歯が深く進行して神経に近くなったり、穴が開いてしまったりすると神経が炎症を起こしてズキズキ痛みがひどくなってきます。この場合は神経を取らないと痛みが引かず、放っておくと化膿してさらに痛みがひどくなったり、周囲の骨が破壊されたりします。そのため神経を取る必要があります。
いわゆる一般に神経を取るというのは、歯の中心部にある「歯髄」と呼ばれる神経や血管などが含まれてる組織を除去する事で、歯冠から穴を開けて中の歯髄を細い器具で掻きだして掃除し消毒していきます。これを何度か繰り返して完全に中の管がきれいになったらそこに詰め物を充填して封鎖します。細くて曲がったりしてる根の中を処置するので回数もかかる根気の必要な治療です。

しかし歯を長持ちさせる為にはとても大事な治療なので、途中で中断しないように通院することが大切です。
また神経を抜かなくても済むよう虫歯が小さなうちにきちんと治療することが、虫歯を簡単に早く治す秘訣です。

あおば歯科クリニック
院長 百目木 秀敏

ページトップ