虫歯を放っておくとどうなるの?

ほとんどの方は、虫歯の歯医者にかかった事があるでしょう。

もし、虫歯を放置しておくとどうなるのでしょう。初期の虫歯は痛みもなく症状はほとんどありません。歯に小さい穴が開いたり、冷たい物がしみたりしてようやく気付きます。この時点で歯医者にかかっておくと小さな詰め物をするだけで簡単に治療できます。

でも忙しくて、この位ならがまんしする方も多いでしょう。

すると、そのうち虫歯が神経まで広がり、ズキズキひどい痛みが出てきます。こうなると歯の神経を抜く必要があり、何度も治療に通わなければなりません。また、それでもまだがまんを続けると、そのうち痛みはなくなってきます。これでひと安心していると、ある日激しい痛みが起こり歯医者に駆け込むことになります。
これは歯の神経が死んで一時的に痛みが止まり、その後なかで腐って膿が溜まって激烈な症状を引き起こしたものです。治療も長期間通わなければなりません。さらに放置すると、腫れが出た後に膿が自然に出て痛みが止まりますが、こうなると抜歯になる場合も多いです。
とにかく多忙な方ほど早めに受診しましょう。

あおば歯科クリニック
院長 百目木 秀敏

ページトップ