「親知らず」って抜かなきゃダメなの?

一番奥に生える8番目の歯が親知らずです。成人後にようやく生え始め、昔ならもう親がいない頃に出てくるのがその名の言われです。
結論を先に言うと、抜かなくて良い方もいますが、大多数の方は抜いたほうがいいです。

なぜかと言うと顎の骨には親知らずの生えるスペースがほとんどありません。そうすると歯が真っ直ぐに生えることができず、斜めに生えたり横に半分埋まってる場合が多いです。すると、もともと奥で磨きにくい上に歯ぐきが
中途半端に被っているので、汚れが慢性的にたまり化膿性の炎症を起こして、腫れや痛みが出てきます。
また生える方向が悪いと頬や歯ぐきに直接当たり物理的にも炎症を起こします。さらに窮屈な所に出ようとして
手前の歯に余計な力がかかり、次第に隣の歯が外に押し出されて曲がったり、歯並びがずれたりしやすいです。
これらのように多々悪影響が出てくるので生え方が悪い場合は事前に抜いておくのが賢明です。もちろん抜く必要がない方もいますので気になり出したら受診して相談されると良いでしょう。

あおば歯科クリニック
院長 百目木 秀敏

ページトップ