口臭、大丈夫ですか?

ご家族に「口が臭い」なんて言われたことはありませんか?あるいは、ときどき自分で口臭が気になりませんか?

口臭は、ニンニクや臭いのきつい物を食べた後は、もちろん強くなりますが、ふだんから慢性的に臭いが続く原因は口腔内に問題があることがほとんどです。不十分な歯磨きで歯垢が溜まったままになり、そこで細菌により、たんぱく質などが分解されて腐敗するのが、最もポピュラーな原因です。
さらに虫歯を放置したり、歯周病が進行すると一段と臭いがひどくなります。また「舌苔」と呼ばれる白っぽいコケの様なものが、舌の表面のヒダに増殖する場合がありますが、これも臭いの原因となります。唾液の減少や不衛生な入れ歯の使用などもその一因です。

自分で出来る対策は、まず歯磨きを丁寧に行い歯垢をしっかり取ることです。舌にはタンクリーナーと言う舌磨きの器具があり、舌苔が多い場合は使ってみましょう。

また、口臭は胃腸など消化器の病気や、蓄膿など呼吸器の疾患が原因であることもあります。他にも糖尿病など全身疾患から来てる場合もあるので、臭いくらいと思わずに、まずは歯科医院で口腔内の検診を受けてみましょう。

ページトップ