歯を抜けっぱなしにしてると?

虫歯や歯槽膿漏、外傷で歯を失った、または先天欠如などで歯が無い部分がある方。
そんな皆さんの中には歯医者で入れ歯を作ったけど、違和感や痛みがあって使ってない。あるいはそのまま抜けっぱなしにしてる。・・・と言う方もいらっしゃることでしょう。

でも、きちんと治して歯を入れないと、様々な悪影響が出てきます。まず噛みづらく咀嚼能率が落ちますが、そればかりじゃなく残った歯に負担がかかります。そのため異常に歯が磨耗したり、歯が痛くなったり、歯がぐらついてきたりします。さらに長年にわたり歯が無い状態がつづくと、隣の歯が傾いたり咬み合せの歯がとび出てきたりします。こうなると全体の咬み合せのバランスが崩れて顎の関節に痛みや異常が出てきます。

この時点でようやく治療しようと思っても、もう簡単には治りません。やはりそうなる前に受診してきちんと歯を入れることが必要です。歯を入れる方法は、入れ歯の他にもブリッジと言って両隣りにつながった歯を入れたり、人工歯根を入れるインプラントなどの方法もあります。

今は噛めるし痛くないからと安易に考えずに、一生きちんと食べるために、ぜひ早めに受診することをお勧めします。

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ