子どもの虫歯なぜ?

学校などで健診を受ける時期になり、「また、うちの子は紙もらってきた~」と嘆いてる親御さんも多い事でしょう。

子どもには虫歯になりやすい原因が多々あります。もちろんお菓子やジュースなど甘いものを好んでよく食べることもありますが、まだ歯磨きの意識や技術が確立してないので、慢性的に歯垢や食べかすが残っていることが問題です。
また乳歯の特徴として、表面のエナメル質が永久歯に比べて薄くてやわらかいのです。そのためすぐに虫歯菌の酸に侵食され虫歯になってしまいます。さらに神経までの距離も近いのでひどくなりやすいです。

そこで虫歯の予防ですが、とにかく歯磨きをきちんとすること。それに尽きます。また歯医者で歯にフッ素を塗ってエナメル質を強くしたり、深い溝を埋めたり、ブラッシング指導を受けたりと予防処置を受けることも大切です。親御さが口うるさく言っても毎日歯をきちんと磨かせるのも、なかなか難しいことと思いますが歯医者に連れて行くのもよい動機付けになります。虫歯になっても初期の段階であれば簡単な処置で済むので早めに受診する
ことをお勧めします。

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ