虫歯って自然に治らないの?

歯のエナメル質は再石灰化して治ると、雑誌やTVで見聞きした事があるかも知れません。でも虫歯で歯に穴が空いても自然にふさがる訳ではありません。
エナメル質を構成しているハイドロキシアパタイトの結晶が酸に脱灰された場合、フッ素などを取り込んで構造が修復されるもので、あくまでもミクロの結晶成分レベルの話で、実際に見た目に欠けている場合には治療して人工的に詰め物で修復する必要があります。

また、虫歯がすごくズキズキうずいていたけど、放っておいたら治った。という話もありますが、実は悪化している事がほとんどです。

たしかに痛みはなくなる場合がありますが、歯の神経のひどい炎症でズキズキしていたものが、放っておいた事でさらに悪くなり神経が死んで痛みを感じなくなったケースが多いです。この場合は根の中の治療が必須です。
さらにこの状態を放っておくと死んだ神経などが腐って化膿し腫れや痛みが再び出ます。我慢強い方はこれも耐えると自然に膿が出て、また痛みがひきますが、根の周りの骨は溶け慢性の炎症が残ります。そして最終的に抜歯しか方法がなくなります。

歯は残念ながら自然治癒を期待できないので、異常を感じたら早めに治療に行くことをお勧めします。

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ