二十歳前後で、親知らずが痛くなってきた・・

二十歳前後だけど、最近、奥歯のいちばん後ろから歯が生えてきて痛みがある。

それは、いわゆる親知らずが出始めてきて、それに伴う炎症が原因と思われます。親知らずは第三大臼歯のことで、前から8番目の歯です。生えてくるのが成人になる頃で、場合によっては30過ぎに初めて生えることもあり、そのため親知らずと呼ばれます。

最後にいちばん後ろに出てくるため、顎の骨に生えるスぺースが十分なく、そのため斜めに生えたり、真横になって骨にほとんど埋まってる場合が多いです。すると歯ぐきが中途半端にかぶってたり、隣の歯との間にいつも汚れがたまったりし、それが化膿して腫れや痛む原因になります。あるいは、ほっぺたやかみ合わせの歯ぐきに当たり
痛くなることもあります。

また親知らず自身や手前の歯に虫歯ができやすく、生え方によっては手前の歯に多大なダメージを与え、その歯も抜かなければならなくなる場合もあります。そのため抜歯した方がよい場合も多く、ぜひ口腔外科を診療する医院に相談してみて下さい。

 

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ