インプラントは実際にいいですか?

歯を失った場合、再び歯を入れる方法には、取り外しの入れ歯、前後の歯をつないで固定するブリッジ、そしてインプラントがあります。

インプラントは顎骨に人工歯根を埋め込んでその上にかぶせ物をするものです。入れ歯と違い、骨に直接ついてるのでしっかりと咬め、痛みもありません。さらに、見た目も自然でしゃべりやすく、味わいにも影響がありません。また何よりも違和感がなく、取り外して手入れする煩わしさからも解放されます。

一方、ブリッジも違和感が少ないですが、前後に歯が残ってないと基本的にできません。またそれらの歯に負担を過剰にかけます。

機能や違和感、審美性から総合的に判断するとインプラントはわれわれ歯科医師から見ても、本当に良い選択だと思います。実際に多くの患者さんを診ていると入れ歯よりも断然インプラントの方が快適に過ごしています。インプラントを入れている歯科医も多いです。

ただし保険適用外なので費用がかかります。そして外科処置が必要であり、顎骨の状態や全身状態によっては処置できない場合もあります。

インプラントを検討してる方は、歯科医院でご自身の状況を診査してもらい相談しましょう。

あおば歯科クリニック
百目木 秀敏

ページトップ