顎が痛いのですが?

不意に顎が痛くなる。そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
とくに口を大きく開けると痛かったり、開けられない。くいしばると痛い。また顎がガクガクしたり、開け閉めすると音が鳴るなどの症状が出る。これらは顎関節症と言って顎の関節に炎症等が起こったりするのが原因です。顎の関節に形態の異常がある場合や、関節円板と呼ばれる顎関節の軟骨がずれたり、すり減ったり変形した場合、周囲の筋肉や腱が過度な負担により疲労して炎症を起こした場合などで症状が発生します。

治療には症状にもよりますが、軽度のものでは安静にすることで落ち着くこともありますが、多くの場合は咬み合わせの調整をしたり、スプリントというマウスピースを作って装着し、顎の負担を軽減することで症状を緩和します。重症の場合には外科処置を選択する場合もあります。歯が無い部分がある方には、急性症状が落ち着いたら欠けた歯の治療や入れ歯などを入れて正常な咬み合わせを構築する必要があります。

また似たような症状でも、奥歯の虫歯や歯槽膿漏がひどくなったり、親知らずが炎症を起こして腫れたりした場合もあるので、まずは歯科医院で診察を受けることをお勧めします。

 

あおば歯科クリニック
院長 百目木 秀敏

ページトップ