インプラントって痛くないのですか?

入れ歯じゃなく、インプラントを入れる方も増えてきましたが、まだあまり詳しく知らないという人がほとんどだと思います。

まずインプラントとは、歯を失った場合に、人工的な歯根を顎の骨に埋め込み、その上に歯を被せるものです。
それに対して入れ歯はご存じのように、歯ぐきの上に取り外しの歯を乗せる物であり、部分入れ歯だと維持の為に金属の止め具を残ってる歯に掛けて安定させます。

根本的に、入れ歯は歯ぐきの上に乗せて咬むので、咬んだ圧力が歯ぐきにかかります。その為硬い物を食べたり、力が不均衡に一部に加わると歯ぐきが痛みます。どんなに良い入れ歯でも一定以上の圧力がかかると歯ぐきに負担がかかるのが、入れ歯の宿命です。

それに対してインプラントは、顎の骨に直接人工歯根を埋め込むので、歯ぐきに圧力がかかリません。つまり、全く痛まず咬めるようになります。入れる際には外科処置が必要ですが、麻酔下で埋め込むのでほとんど痛みはありません。
もちろん麻酔が切れた後は少し痛みますが、歯を抜いた程度の一時的な痛みです。その後痛まず咬める事を思うと、かなり快適に食事ができるようになるので、入れ歯の痛みで苦労してる方にはお勧めです。

 

ページトップ