花粉症と歯の痛み

この時期になると花粉症のひどい症状に悩まされている方も多いことでしょう。
鼻水が止まらない上に、そんなときに限っていつも奥歯が痛くなる方はいませんか?

とくに上の奥歯が浮いたような鈍い痛みがある。階段を降りたり下を向いたり飛んだり跳ねたり運動すると特に症状が出て、奥の方が重く腫れたように痛む。思い当たる方も多いことでしょう。

 

実はたまたまではなく、花粉症が原因で歯が痛む場合があります。
鼻腔、いわゆる鼻の穴はその奥から副鼻腔という空洞につながり、ほっぺたの中の広範囲にわたり広がっています。花粉症で鼻の粘膜が炎症を起こしていると副鼻腔の方まで炎症が波及します。
その中でも上顎洞と呼ばれる大きな空洞は上の奥歯の歯根の先端付近まで広がっており、そのため虫歯など歯に原因がなくても歯が浮いたような痛みを感じることがあります。

もちろん歯の根っこに膿がたまったり、虫歯で神経に炎症が起きてたり、歯槽膿漏が進んでいたりしている場合もあるので、気になる方、まずは早めに受診して下さい。

ページトップ