学校検診で要注意乳歯とは?

お子さんが、歯科検診の結果を学校からもらってくる時期ですが、虫歯の他にも要注意乳歯とチェックされている事があります。
これを虫歯になりそうな要観察歯と混同して勘違いしている方もいますが、要注意乳歯は生え変わりが近づいてグラつきが起き、注意が必要な乳歯の事を指します。
そもそも乳歯は永久歯に生え変わるものなので、基本的には自然に適切な時期に抜けてくれれば問題はありません。しかし中にはなかなか抜けず、周りの歯ぐきが炎症を起こし痛みが出たり、癒着して永久歯が生えてくる障害になったり、後ろやわきから永久歯が半分生えてきているのに乳歯が抜けず、歯並びに悪影響を及ぼすような事があります。
そのようなトラブルを避けるためには、適切な時期に自然に抜けず、問題がある状態の乳歯は抜歯した方が良い事が多いです。検診で指摘されたり、乳歯の生え変わりが気になるようであれば、ぜひ歯科医院を受診してみて下さい。
また乳歯の大きな虫歯を放置すると、痛みが無くても永久歯に悪影響が出ることがあります。治療か抜歯するか適切な処置が必要です。ご留意下さい。

ページトップ