インプラントの使い勝手は?

歯槽膿漏やひどい虫歯で歯を失うと、治療して機能回復をする必要があります。歯根が残せればいわゆる差し歯に出来ますが、抜歯するとブリッジといって、両側の歯に橋渡しをして連結するような歯になります。ただし前後の歯がない場合や何本も欠損した場合は保険の治療だと取り外しの入れ歯になります。

入れ歯は歯ぐきに乗せて使う為、噛む力を歯ぐきで負担するので、痛くてしっかり噛めなかったり、違和感がひどくて苦労している方も多いと思います。
それに対しインプラントは、人工的な歯根を顎の骨に直接埋め込むので、歯ぐきに負担はかけず痛みもありません。入れ歯のような違和感もなく動いたりズレたりしないので、ほとんど今まで同じように食べることができます。

 

当院でも入れ歯で苦労していた方がインプラントにされて、とても食事が美味しく食べられるようになったと皆さん一様に言われます。また入れ歯のような金具もなく見た目も自然なので、歯科医として実に良い治療だと思いますが、症例によっては適応でない場合もあるのでインプラントを考えてる方はよくご相談ください。

ページトップ