妊娠中でも歯の治療はできるの?

歯の痛みは不意にやって来ます。とくに忙しいときや大事なときになぜか痛くなりますね。妊娠中にも遠慮なく痛むことがあります。妊娠中に歯が痛くなっても、ずっと我慢していたという方もいらっしゃるようですが、治療は受けれます。

多くの方はレントゲンや麻酔の注射、薬の服用などを気にして受診を控えたり、中には治療が出来ないと思い込んでいる方もいらっしゃいます。
レントゲンは必要があれば撮影しますが、防護エプロンをして口腔部をピンポイントに撮影するので、胎児へ被曝の心配はありません。また一般的な麻酔は体から分泌されるホルモンと同様な物で、局所麻酔で通常の使用量では影響はありません。薬も妊娠中は使用出来ない物もありますが、妊娠していると申告していれば、使用可能な物を処方するので大丈夫です。
ただし、外科処置が必要な場合や、妊娠初期や臨月の場合の治療は控えた方がいいのですが、応急処置の対応はできます。その後本格的な治療は安定期に行います。

 

いずれにしても、妊娠中に痛くなったら遠藤せずに歯科医院を受診して下さい。また妊娠中に歯が痛くならないように、適齢期の方は気になる所が有ればできるだけ事前に治療を受けておきましょう。

ページトップ