歯の詰め物の素材は何が一番良いの?

歯科医院で虫歯を削った後、詰め物をする場合に、どんな物を入れるか聞かれたことがあると思います。あまり分からずお任せする方や、ご自身で調べて指定される方など様々ですが、詰め物は素材によって色々な特徴があります。

大きく分けると詰め物には銀歯など金属のもの、セラミックのもの、レジンと呼ばれるプラスチック樹脂のものなどがあります。
銀歯は金属製なので見た目は良くないですが、強くて耐久性が最もあり長持ちするので、奥歯には適しています。レジンは逆に磨耗したり欠けたり耐久性には欠けるが、歯の色に近いので前歯など見た目が大事であまり負担のかからない部分にむいています。セラミックはレジンよりも硬くて耐久性があり、かつ天然の歯に近い色調と光沢があるので、より美しいのですが、欠点は保険がきかない事です。

歯科医院ではこれらの特徴を踏まえた上で、虫歯の部位や大きさ、残っている歯の数や場所、かみ合わせ、歯ぎしりの有無、歯周病や口腔内の清掃状態などを勘案して最適な詰め物を判断します。
最適な物はそれぞれ症例や考え方によって異なるので、歯科医に良く相談して判断していただけるといいと思います。

ページトップ