差し歯とインプラントとは?

「歯医者で差し歯やインプラントを入れた」と、友人や知人に聞いたことがある方も多いと思います。同じようなものと思っている方が結構いらっしゃいますが、全く別物です。
「歯が抜けたら差し歯にすりゃあいいんだよ!」
と言う方もいますが、実は歯が抜けたら差し歯にできません。
差し歯とは、自分の歯の根っこに土台を建てて被せ物をする物で、実は歯根が残っていないと出来ません。逆に頭の部分が虫歯でボロボロになっていても、しっかりした歯根があれば差し歯できれいに治せます。
それに対してインプラントは、歯ぐきの下の顎の骨に人工的な歯根を直接埋め込んで、その上に被せ物をする物です。歯が根っこから無くなっても顎の骨さえしっかりあればインプラントはできます。いずれも治療すれば見た目も機能もしっかり回復しますが、インプラントは保険では出来ません。差し歯は保険でできるものもありますが、歯根を失うと保険の治療だと、入れ歯になるケースも多いので、出来るだけ歯槽膿漏やひどい虫歯を放置して根っこごと抜歯することにならないようにしましょう。早めに予防・治療をすることで、いつまでも美味しく食べられるように、何かあれば歯科医院に行きましょう。

ページトップ