子どもの舌が短いのですが・・・

舌の長さや大きさにはもちろん個人差があります。ただ舌が短く思うのには、実際に舌が小さい場合もありますが、大きさは標準でも舌が前に伸びない為に短く感じてる場合が多いです。
その原因としては舌小帯短縮症と言って、舌小帯と呼ばれる舌の下にあるヒダが通常より短かかったり、先の方まで付着している場合があります。舌を少し前に出そうとすると引っ張られて舌が引きつるため、舌の先端がハート形になりそれ以上伸ばせません。
軽度のものではソフトクリームなどを舐めにくい
程度で日常生活に影響はないのですが、ひどいものでは舌小帯の異常は発音やその習得に障害を及ぼしたり、著しいものでは嚥下にも影響するといわれます。そのため症例によっては舌小帯を切除して可動域を大きくする手術を行います。
口腔内には小帯と呼ばれるヒダが他にも口唇や頬にもあります。中でも上唇小帯ではヒダが上の前歯の歯ぐきの真ん中まで入り込み、前歯の間が広く離れた状態になっている場合があります。
ご自身やお子さんがこれら似たような症例で、手術が必要か否かご心配な場合はお近くの歯科医院にご相談ください。

ページトップ