子どもは何歳から歯医者にかかるべき?

さあ子どもに歯が生えてきた。ところで歯医者って何歳から連れて行けば良いんだろう?
こう思っている親御さんは多いことでしょう、
ほとんどの方はお子さんが一才半や3才の検診を受けて、そこでな何かあれば初めてかかることが多いと思います。基本的には問題ありませんが、
子どもの乳歯は永久歯に比べて外側のエナメル質が薄く、また柔らかい為、短期間で虫歯が進行しやすいです。さらに甘いものを好んで食べることが多く、歯磨きが不十分になりやすいことでさらに虫歯の進行が進みます。
油断しているとあっという間に乳歯の虫歯は広がり、気がついたら数ヶ月で神経まで進んでることも少なくありません。
実際、年少児は1人で椅子にじっと座って座れる年齢までは本格的な治療は難しいですが、1〜2歳の乳児でも虫歯予防処置や清掃状態のチェックはできますし、2〜3才になれば応急処置も可能です。
予防や検診の意味では乳幼児でも歯が生えてくれば、3〜4ヶ月ごとに歯科医院にかかり、フッ素塗布や口腔衛生指導などを受けて歯科医院に小さい頃から慣れることが大切です。小児歯科を標榜している医院は年少児の診療に慣れているので安心して受診して下さい。

ページトップ