親知らずは抜くべきですか?

永久歯の一番奥に最後に生えてくる歯、これが一般に親知らずと呼ばれているもので、第3大臼歯、智歯とも言われます。
親知らずは大臼歯の一種で、比較的大きな歯ですが、現代人においては顎の骨に生えてこれるスペースが無い場合が多いです。そのため真っ直ぐ並んで生えることが少なく、斜めや真横を向いて骨の中に埋もれていることが多いです。
完全に真っ直ぐ生えてる場合には基本的に抜く必要はありませんが、横になって半分うまっている場合には注意が必要です。
まず下の親知らずは手前に向かって生えようとするので、隣の歯の接している歯根が吸収されて溶けたり、虫歯が深い所で進行しやすいです。また長いスパンでは歯が前方に押されて歯並びが悪く窮屈になることもあります。
さらに、親知らずは一部が歯ぐきに埋もれている場合には汚れや食べかすが隙間の深い所に残りやすいため、親知らず自体が虫歯になりやすいだけでなく、化膿して炎症を起こし腫れや痛みが出てきます。
親知らずは残しておくことで、将来的にデメリットが多いので、生え方が悪く機能的に必要がない場合には抜歯した方が良い場合が多いです。
気になる方や症状が出たことがある方は、一度歯科医に相談すると良いでしょう。

ページトップ